プロジェクトリスト

  • 001横手のアラセンハウス
  • 002もえぎのアラセンハウス
  • 003立田のアラセンハウス
  • 004もえぎのアラセンハウス
  • 006池田のアラセンハウス
  • 007南孝江のアラセンハウス
  • 008龍田のアラセンハウス
  • 009氷川町のアラセンハウス
  • 010甲佐町のアラセンハウス
  • 011植木のアラセンハウス
  • 012長嶺のアラセンハウス
  • 013宇土のアラセンハウス
  • 014八代のアラセンハウス
  • 015龍田のアラセンハウス
  • 016荒尾市のアラセンハウス
  • 018子飼のアラセンハウス
  • 019玉名市のアラセンハウス
  • 020谷尾崎のアラセンハウス
  • 021南阿蘇のアラセンハウス
  • 022立田の杜のアラセンハウス
  • 023宇土市のアラセンハウス
  • 024神水のアラセンハウス
  • 025合志のアラセンハウス
  • 026打越のアラセンハウス
  • 027本山のアラセンハウス
  • 028江津のアラセンハウス
  • 029田井島のアラセンハウス

氷川町のアラセンハウス

Completion in October 2011
Producer:Eiichi Matsuda
Architect:Shinpei Tanaka
Cordinator:Emi Fukuda
氷川町のアラセンハウス 家事がスムーズに進んで大満足!
生活動線にムダのないアラセンハウス。

偶然通りかかったモデルハウスが
きっかけで家づくりがスタート

「そろそろマイホームを」と考え始めたころ、偶然通りかかった弊社のモデルハウスをご覧になり、「インパクトのあるデザインに惹かれ、すぐに資料請求をした」という岡本様。モデルハウスの見学にも訪れ、土地探しからの家づくりがスタートしました。

岡本様邸の特徴は、程よいコンパクトさと、ムダを排したシンプルさ。奥様も「ほんとにムダがなくて暮らしやすい!」と大変満足されています。中でも、生活動線のスムーズさは特筆すべきです。小さなお子様がいる岡本家。そのため、2階に上がって洗濯物を干さなくてもいいように、1階のウッドデッキを活用するなど家事動線を集中させる工夫が凝らされています。またお子様にとっても格好の遊び場となり、奥様が家事をしながら遊ぶ姿を見守ることができ、親子が豊かな時間を共有しています。

  氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス   氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス
 
氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス

小さなお子様や奥様のことを
考慮した動線や工夫がいっぱい

そのほかにも、岡本様邸には細部に見た目やデザイン性ではなく、「普段の生活」を想定した様々なこだわりや工夫が感じられます。例えば、2階のご夫婦の寝室から続くご主人の書斎にはあえて扉を設けました。お子様に「ここはパパの部屋」と理解させ、仕切りを設けることで結果的に「子ども部屋は自分の部屋」という意識を持つようになり、(子ども部屋で)一人で寝る習慣が付いたとか。

氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス 氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス
 
氷川町のアラセンハウス   氷川町のアラセンハウス
 

また、玄関には靴を履く際に、腰をかがめる負担を少なくするために開閉式のベンチを設置。ほかにも、寝室のある2階にフットライトを設置し、夜でも安心して移動できる工夫も。そうした一つ一つが、「どれも私たちが“理想”だと思っていたものを超える提案でした。本当に家づくりが“楽しい”と思えたし、何より担当の松田さんやコーディネーターさんたちが、『この人なら』と任せられる安心感を与えてくれたのが大きかったですね」と、岡本様は振り返ります。

  氷川町のアラセンハウス
氷川町のアラセンハウス

暮らす楽しさや豊かさを損なわない
シンプルさは、アラセンの理想形

「自分たちに必要なものは何か」をきちんと把握しておられる岡本様ご夫妻。それを具現化するように、家づくりでもムダをそぎ落としシンプルな間取りを実現されました。ただ、そうした中でも「シンプル=何もない」ではなく、しっかりと必要なものの取捨選択をして、暮らしの楽しさや豊かさを損なわないようにされているのが印象的です。また、生活動線も含めてシンプルかつコンパクトにしたからこそ、ウッドデッキのように思わぬ親子の共有スペースが生まれたことも、ご夫妻にとって嬉しい発見でした。

そんな、“シンプルの極意”とも言うべき住まいと、そこでの生活を存分に満喫されている岡本様。それは、アラセンハウスが目指す住まいづくりの一つの“理想形”と言えるのかもしれません。

 
「岡本様邸」のこだわり

氷川町のアラセンハウス

  • 寝室と書斎の間には、仕切りとしての機能も果たしながら2つのスペースの一体感も損ねない扉を設置。
  • 1階のLDKと2階の寝室には間接照明を取り付け、落ち着いた雰囲気を演出。さらに、キッチンの上にはアクセントとなる照明を設けるなど、温かみのある照明が家族団らんの時間を優しく包み込みます。
ページのトップへ戻る

プロジェクトリスト

  • 001横手のアラセンハウス
  • 002もえぎのアラセンハウス
  • 003立田のアラセンハウス
  • 004もえぎのアラセンハウス
  • 006池田のアラセンハウス
  • 007南孝江のアラセンハウス
  • 008龍田のアラセンハウス
  • 009氷川町のアラセンハウス
  • 010甲佐町のアラセンハウス
  • 011植木のアラセンハウス
  • 012長嶺のアラセンハウス
  • 013宇土のアラセンハウス
  • 014八代のアラセンハウス
  • 015龍田のアラセンハウス
  • 016荒尾市のアラセンハウス
  • 018子飼のアラセンハウス
  • 019玉名市のアラセンハウス
  • 020谷尾崎のアラセンハウス
  • 021南阿蘇のアラセンハウス
  • 022立田の杜のアラセンハウス
  • 023宇土市のアラセンハウス
  • 024神水のアラセンハウス
  • 025合志のアラセンハウス
  • 026打越のアラセンハウス
  • 027本山のアラセンハウス
  • 028江津のアラセンハウス
  • 029田井島のアラセンハウス

ピックアップ! アラセン標準プランシリーズ

  • アラセンハウスラインナップ
  • 無料の資料請求はこちら
  • アラセンハウス公式ウェブサイト